HOME>info>ペロニー病の症状を理解して治療を受けよう

悩んでいる人も多い病気

勃起した際にペニスが曲がってしまう病気をペロニー病と呼びます。世の男性の数パーセントが悩んでいるとも言われる病気です。

美容外科と泌尿器科の違い

審美性が高い治療が期待できる

ペロニー病の治療は美容外科でも行なわれています。美容外科の場合、ペロニー病以外にも長茎手術や陰茎増大手術も行なわれています。

男性でも通いやすい

泌尿器科の場合、男性患者が多くて通いやすいというメリットがあります。また、ペロニー病の治療で通っているということも周囲にばれにくいです。

ペロニー病の特徴を把握しておこう

軽度の場合はそれほど気になりませんが重度になると膣に挿入できなくなるほど曲がります。

ペロニー病の治療方法

男医

軽度の場合は癖をつけて治す

オナニーの際に反対側に戻す癖をつけて徐々に元に戻していきます。症状がひどくない場合はこれでも十分です。

重度は手術で直す

損傷した白膜が原因であることがほとんどなので手術で損傷部分を縫い合わせることで角度をまっすぐに戻します。

真皮を移植する

固くなってしまった白膜を取り除き、その代わりに真皮や静脈を移植する方法でも治療は可能です。合併症が起こることもあるので医師からの説明は十分に受けましょう。

薬剤を局部注射する

ステロイドなどを注射することにより固まった白膜を柔らかくする方法も取れます。手術よりも時間がかかり、効果の出る期間にばらつきがあります。

内服薬で治療する

ステロイドや漢方薬を内服することで固まった部分をほぐすこともできます。この方法も局部注射同様に時間のかかるやり方です。

ペロニー病の症状を理解して治療を受けよう

腕

ペロニー病とは・・・

勃起したときに海綿体の中の白膜が伸び切らず、左右の長さが異なることによって曲がる症状が発生します。発生原因は明確になっていません。性交障害の原因にもなっており、自信を失った男性が治療を望むケースが多いです。

カウンセリング

ペロニー病が引き起こす影響

勃起時のペニスが曲がってしまうので性交時に支障をきたします。挿入に痛みを伴うケースから曲がった角度によっては挿入できないこともあります。女性に見られることを情けないと感じる男性も多く性交に積極的になれなくなります。

ペロニー病の症状

初めは曲がっており挿入時に痛みを伴うだけですが症状が進行してしまうと勃起するだけで痛むこともあります。また固まった白膜が邪魔をして勃起不全に繋がる症状を引き起こします。

広告募集中