>コラム>ペロニー病は放置しないで治療しよう【薬物療法もある】

ペロニー病は放置しないで治療しよう【薬物療法もある】

下半身

どのような症状なのか

中高年以上に発症が高いとされているペロニー病ですが、この病気でまず知っておきたいことは悪性腫瘍ではないということです。ですから、良性腫瘍であることから癌化する心配はないです。その点は安心できます。しかし、そうはいってもこのペロニー病に罹りますと男性の下半身のコンプレックスの原因にも繋がるため、早めの治療が望ましいです。亀頭の勃起時の陰茎が弯曲したり、陰茎が短縮したりするといった症状が主に出ます。泌尿器科でしっかりと適切な治療を施せば完治する病気です。発生頻度は中高年以上が多いとされていますので、若年層でも場合によっては罹ることもあります。ですが、もしペロニー病に罹っても慌てずに近くの泌尿器科の病院へ行って治療すれば大丈夫です。

男性

発症する要因

男性の下半身のコンプレックスの原因になるペロニー病ですが、どういったことで症状が発症するのか未だに分かりません。現代の医学ではまだ明確な発症要因が分かっていませんが、罹りやすい要因は特定されています。例えば、加齢によるものが要因とされていたり、又は飲酒や喫煙による要因とされていたりすることもあります。さらには、陰茎に対する外傷も発症する要因の一つに挙げられています。なおペロニー病の発症の要因は明確には分かっていませんが、治療方法はあります。主な治療は、薬物治療といった保存的治療が主流となっています。薬物の治療においては、内服だったり局所注射を打ったりなどで行います。そして、その薬物治療での治療の効果があまり見られない場合に手術という流れになります。

広告募集中